顧問医のご挨拶|『交通事故』に強い弁護士を京都でお探しの方はお気軽にご相談ください!

交通事故被害相談<span> by 弁護士法人心</span>

顧問医のご挨拶

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故と医師の意見書

交通事故では医学知識が必要となることがあります

交通事故の賠償額は、ケガの状態によっても大きく変わります。

そのため、賠償額について争いがあるような場合には、しばしば医学知識が最終的な判断の鍵になることがあります。

弁護士は法律のプロであっても医学に関するプロではありませんし、裁判官や保険会社もまた、高度な医学知識があるわけではありません。

そのため、医学知識が必要となるような場合には、医師に意見書を書いてもらい、判断の材料とすることがあります。

そうは言っても、交通事故のケガは見た目でどのような症状が出ているのかがわかりにくいため、適切な意見書を書いてもらうためには、ケガの状態についてきちんと伝えられるようにしておくことが大切です。

当法人には顧問医がいます

当法人では、高度な医学的知識を必要とするような場合でもお客様のお力になることができるように、顧問医を迎えています。

必要に応じて、顧問医にカルテ画像の精査や意見書の作成などを行ってもらうなど、連携して対応に当たらせていただきますので、交通事故に遭われた方はご相談ください。

こちらのページでは、当法人の顧問医からのご挨拶を掲載しております。

お問合せ・アクセス・地図へ