京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

債務整理とブラックリストに関するQ&A

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年2月1日

ブラックリストとは何ですか?

ブラックリストというものは、法律上存在しません。

個人信用情報機関に、事故情報が登録された状態のことを、「ブラックリストに登録される」と表現されることがあるというにすぎません。

個人信用情報機関とは何ですか?

個人の信用情報を管理している機関のことです。

個人の信用情報とは、お金の貸し借りに関する情報です。

たとえば、過去、あるいは現在、どの程度の借り入れがあり、どのように返済しているかなどの情報です。

あくまで、お金の貸し借りに関する情報なので、個人の思想や、趣味などの個人情報は、信用情報には含まれません。

日本にある個人信用情報機関には、日本信用情報機構、シーアイシー、全国銀行個人信用情報センターの3つがあります。

参考リンク:株式会社日本信用情報機構

参考リンク:株式会社 シー・アイ・シー

参考リンク:全国銀行個人信用情報センター

事故情報とは何ですか?

事故情報とは、当初の取り決めどおりに返済できなくなったことなどを指します。

ブラックリストに登録されると、どうなりますか?

以下のようなデメリットが発生します。

1 新たに借金することが難しくなる

金融機関などは、お金を返してくれる見込みがある人に対して、お金を貸します。

他方、ブラックリストに登録されたということは、当初の予定通りに債務の返済ができなかったことを指します。

そのため、金融機関は、ブラックリストに登録されている人に対しては、融資をしても返済の見込みが低いと判断し、お金を貸さないことが多いといえます。

2 クレジットカードを作成できなくなる

クレジットカードは、一時的にクレジット会社に商品代金を立て替えてもらい、後で立替金を支払うという取引形態で使用されるため、「立替金という借金を背負う」ことを前提としています。

そのため、新たな借り入れが難しくなることと同じ理由で、クレジットカードの作成も難しくなります。

3 ローンを組むことが難しくなる

住宅や車のローンも、一時的に代金を立て替えてもらい、返済していくものであるため、借金の1種と言えます。

そのため、ブラックリストに登録されたままでは、ローンを組むことが難しくなります。

ブラックリストに登録されると、登録された情報はずっと残りますか?

債務整理の種類によって異なりますが、5年から10年で、ブラックリストの情報は抹消されるとされています。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ