京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

個人再生と自動車・バイクに関するQ&A

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年7月12日

個人再生をすると、自動車やバイクは売却して、借金の返済にあてなければいけませんか?

ローンを完済している自動車やバイクは、そのまま所有しつづけることができます。

個人再生は、借金を減額した上で、残った借金を分割払いするという制度のため、全財産を売却して、借金の返済をすることは予定していません。

そのため、ローンを完済している自動車やバイクであれば、個人再生をしてもそのまま所有し続けることができます。

まだ自動車やバイクのローンが残っているのですが、個人再生をすると、自動車やバイクはどうなりますか?

ローンが残っている場合、バイクや自動車は回収されてしまう可能性があります。

多くの場合、自動車やバイクはローンを組んだうえで、購入することになります。

ローンの返済中は、ローン会社などが自動車やバイクの所有権を持っているケースが多いため、ローンの返済ができなくなれば、自動車やバイクを回収してしまいます。

事故情報とは何ですか?

第三者に残りのローンを返済してもらうという方法があります。

たとえば、自動車やバイクがなくなると、とても生活が不便になる等の理由で、どうしても自動車やバイクを残したい場合は、ご親族等にローンを立て替えてもらうという方法があります。

ローンさえ完済できれば、自動車やバイクを失わずに済みます。

なお、「自分の預貯金から、ローンを一気に完済してしまえばいいのではないか」とお考えになる方もいらっしゃいます。

しかし、自動車やバイクのローンだけを優先的に返済すると、債権者同士で不平等な結果になってしまうため、個人再生の手続きが難しくなる可能性があります。

個人再生をした後に、新しい自動車やバイクを買うために、ローンを組むことはできますか?

一定期間、ローンを組むことは難しくなります。

個人再生をすると、その情報が信用情報機関というところに登録されます。

そこに情報が登録された状態だと、原則としてローンの審査が通りません。

信用情報機関の情報は、5年から10年は抹消されないことが多いため、しばらくはローンを組むことは難しくなります。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ