京都で『債務整理』に強い弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による債務整理

個人再生のご相談をお考えの方へ

借金の総額が減ることによって返済が可能になるような場合には,個人再生という手続きをご検討ください。

個人再生をおこなうことにより,負債を圧縮して長期間で返済できるようになる可能性があります。

個人再生が認められるかどうか,それによりどの程度金額を圧縮することができるかということは,弁護士にご相談ください。

当法人には個人再生を得意としている弁護士が所属していますので,しっかりと見通しなどをご説明するとともに,手続きがスムーズに進むよう対応させていただきます。

個人再生に関して疑問などがある場合にも,お気軽にご質問ください。

詳細につきましては,以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

個人再生の流れ

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年7月7日

1 弁護士への相談

個人再生を行おうと思った方は、まずは弁護士に相談することになると思います。

相談の際に、債務の金額や借り入れ理由、保証人の有無、財産や仕事の内容や家計の収支等、必要な情報を弁護士が伺い、個人再生のメリットとデメリットを説明します。

相談された方が、十分な説明を受け、他の債務整理手続と比較して個人再生を行うことに決めた場合には、弁護士と委任契約を締結します。

2 受任通知の発送

契約後、弁護士から各債権者へ受任通知を発送し、債権者からの連絡の窓口は弁護士に変えるとともに、債務の金額等の情報提供を求めます。

個人再生を依頼された方には、受任時にあった債務の返済を原則としてすべて一旦止めていただきます。ただし、住宅資金特別条項を利用する場合には、住宅ローンの支払いは続けていくことになります。

3 申し立ての準備

次に、個人再生手続き申立の為に必要書類の準備を行います。

例えば、依頼者は、源泉徴収票、給与明細、賃貸借契約書や通帳の写しなど、必要な書類を集めたり、家計収支表などを作成したりする必要があります。

それと同時に返済を止めたことで余裕ができた分のお金で弁護士費用の積立を行っていただきます。

個人再生は、債務を減額する手続きですが、再生計画で認められた計画通りに支払を続けていくことになりますので、支払ができること、すなわち「履行可能性」があることが必要です。

弁護士費用の積み立て状況は、個人再生申立時に裁判所に報告して、個人再生手続き後にきちんと返済していけるという「履行可能性」があることの証拠にしますので、遅れずに積み立てることが大切です。

4 個人再生手続き申立

弁護士費用の積立が完了し、書類の準備が整えば裁判所に申立書類を提出します。

その後、補正事項の追完等を行い、申立てから1~2か月後に個人再生の手続を開始するとの決定が裁判所から下されます。

個人再生手続開始決定と同時に、再生計画案を提出する期限が定められます。

その期限までに、弁護士が再生計画案を作成して裁判所に提出します。

その後、各債権者の決議を経て、債権者の反対が少数であれば裁判所が再生計画案の履行可能性等を審査します。

5 再生計画認可決定

提出された計画を最後まで実行する見込みがない等の不備がなければ、裁判所が再生計画認可決定を下します。その後は再生計画に基づいた返済がスタートします。

計画通りに支払を完了すれば残債務は免除されることとなります。

一方で、計画通りの支払いを怠ってしまった場合には、再生計画が取り消され、減額前の金額で債務を一括で支払うよう請求される場合もありますので、遅れずにきちんと支払うように注意しなければいけません。

6 弁護士がアドバイスいたします

個人再生は、減額されたとはいえ、借金を支払っていく必要がありますので、個人再生が可能かどうかや、個人再生を選ぶことが適切かを慎重に判断する必要があります。

そもそも個人再生がどのようなものか分からない方や、個人再生をするか迷っている方も、経験豊富な弁護士がお客様の状況を確認してアドバイスいたしますので、ぜひ弁護士法人心までご相談ください。

個人再生を依頼する専門家の選び方

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年3月23日

1 個人再生を依頼できる専門家とは

借金問題でお困りのなか、様々な事情から個人再生を検討されていらっしゃる方も多いかと思います。

個人再生の手続を行う場合には、誰に頼めばよいのか、また、何を基準に選べばよいのでしょうか。

個人再生の手続を行うには、弁護士や司法書士に依頼して手続きを行うことが一般的です。

2 弁護士か司法書士か

借金問題に関する専門家として、弁護士や司法書士が挙げられます。

ただし、司法書士には対応できる範囲に限りありますので、依頼される場合は注意が必要です。

司法書士は、法律上、1社140万円を超える事件の取り扱いができないため、借入先の中で1社でも140万を超えていれば司法書士には依頼できません。

また、簡易裁判所以外では依頼者の代理人として裁判所とのやりとりができないので、個人再生の申立代理人として裁判所とのやり取りができません。

司法書士に個人再生申立書類の作成を頼むことはできますが、裁判所と直接やり取りは、依頼をしたのに自分でしなければいけないことになります。

弁護士であれば、借金の金額は関係なく依頼を受けられますし、依頼者の代理人として問題なく裁判所とのやり取りができます。

そうなると、司法書士に依頼するメリットは費用の点だけになりそうですが、実際に司法書士と弁護士の費用を比較してみると実質的にはあまり変わらないことが大半です。

また、弁護士に依頼しない場合には必ず個人再生委員が選任されますが、個人再生委員が選任される場合で弁護士がつかない場合には、個人再生委員の報酬費用が高くなります。

弁護士に依頼することで個人再生委員が選任されずに済んだり、選任されても費用が少なくなります。

司法書士に依頼することで、弁護士に依頼したときよりも総合的な費用が高くなり、かえって負担が大きくなることがあります。

また、弁護士は法律一般の専門家であり、司法書士は登記の専門家です。

以上のことからすると、個人再生は弁護士に依頼するべきと考えます。

3 ご自宅からの近さ

個人再生は、裁判所を通して行う手続きとなっており、基本的にはご自身のお住まいの地域を管轄している裁判所に申立てを行うことになります。

裁判所によって少しずつ様式等が異なることがあるため、その裁判所で何度も申立てを行っている弁護士の方が、スムーズに手続きを進められると考えられます。

また、個人再生等のご契約の際には弁護士と直接面談にて説明を聞く必要がございます。

ご自身が弁護士事務所に出向く必要がでてくるため、そういった面から考えてもご自宅からの近さや面談のしやすさを選ぶ基準にすることも大切です。

4 専門家との相性

弁護士を選ぶ際には、まず相談をしてから依頼をするか考えることになります。

この相談の際に専門家の話し方がご自身と合っているか、質問がしやすいか等確かめてください。

今後の人生に関わる重要な問題を解決するために依頼をするのですから、心配事や不明点等の相談をすることができず、悩みながら手続きを進めなければならない状況は好ましくありません。

実際に会って話してみて、相性の合う専門家を選ぶことも大切です。

5 まとめ

個人再生手続きは、人生における重要な決断のときです。

ご自身の状況や求めていることに適した専門家を選ぶことが大切です。

弁護士法人心では債務整理担当の弁護士がご相談対応をさせていただきます。

支店も多く構えておりますので、ご都合のよい事務所でご相談いただけます。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

個人再生による生活再建

個人再生の特徴

債務の問題を解決する方法の一つとして、個人再生というものがあります。

これは裁判所を通して行う手続きで、認められると多くの場合で借金が大幅に圧縮されます。

返済期間も3~5年という長期になるため、これであれば生活の建て直しを図ることができるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、個人再生では住宅資金特別条項を利用して住宅ローンの支払いを継続するという形で、ご自宅を残しながら他の債務を圧縮できる可能性もあります。

個人再生をお考えの方はご相談ください

個人再生の手続きを適切に進め、生活を建て直すために、弁護士にご相談いただくことをおすすめします。

当法人では、個人再生など債務の問題を得意とする弁護士がご相談を承っております。

ご相談の際に、個人再生ができるかどうかの見込みや今後の流れなどもご説明させていただきますので、手続きを行うかどうか迷われている方もまずはご相談ください。

個人再生など、借金のご相談につきましては、原則として相談料が無料となっております。

京都の事務所までお越しいただくほか、まずはお電話でご相談いただくということもできますので、お気軽にお問合せください。

お問合せ・アクセス・地図へ