京都で『債務整理』に強い弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による債務整理

費用の安さにこだわる理由へ

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

Q&A

  • Q&A一覧はこちら

お役立ち情報一覧はこちら

お客様相談室

債務整理のすすめ続きはこちら

債務整理の種類

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

新着情報

住宅ローン返済中に債務整理を検討している方へ

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年9月16日

1 債務整理と住宅ローン

住宅ローンやその他の債務の返済が苦しくなったときは、債務整理を行うことで、返済の負担を軽くするという選択肢があります。

しかし、「債務整理をすると、家を手放さないといけない」という漠然としたイメージや不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、債務整理と住宅ローンの関係について、ご説明します。

2 債務整理の種類によっては、家を残すことが可能です

⑴ 任意整理の場合

任意整理は、各債権者と個別に話し合いを行い、返済の負担を軽くするための手続きです。

他の手続きと異なり、話し合いをする債権者を選ぶことができるという特徴があります。

そのため、住宅ローンを組んでいる金融機関にはこれまでどおりに住宅ローンを支払い、住宅ローンについては任意整理をしないという方法をとれば、家を残すことができます。

⑵ 特定調停の場合

特定調停は、各債権者との話し合いを、裁判所で行う手続きです。

任意整理を、裁判所で行うというイメージの手続きなので、任意整理と同様、住宅ローンの金融機関を特定調停の対象から外せば、家を残すことができます。

もっとも、任意整理より手続きが大変なことが多いため、任意整理が可能であれば、特定調停をするメリットはあまりありません。

⑶ 個人再生の場合

個人再生は、債務を大幅に軽くし、残った債務を分割払いで返済する手続きです。

個人再生の手続きを行う場合、今後も住宅ローンの支払いをしっかりと行えるのであれば、家を残すことができます。

⑷ 自己破産の場合

自己破産を行う場合、原則として全ての財産を処分し、債務の返済にあてなければなりません。

そのため、自己破産を行えば家を残すことは難しくなります。

3 債務整理後の住宅ローン

仮に、自己破産をしたとしても、もう一度ローンを組むことができれば、新しくマイホームを手に入れることができます。

もっとも、一度自己破産を行うと、その情報は信用情報機関というところに登録されます。

その結果、一定期間はローンの審査が通らないため、しばらくの間は、マイホームを持つことが難しいといえます。

債務整理には様々な方法がありますので、どのような方法が最も適しているのかをしっかり把握したうえで行うことが大切です。

債務整理について弁護士に依頼した場合と司法書士に依頼した場合の違い

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年9月14日

1 「弁護士と司法書士は似たようなもの」と考えている方は要注意

弁護士と司法書士については、法律に関する資格であるということは知っていても、両者にどんな違いがあるのかは、意外と知られていないことがあります。

借金に関するお悩みは人生における重要な問題であるため、債務整理について相談する場合は、適切な相談先を選ぶことが大切です。

そのためには、まず弁護士と司法書士の違いについて理解しておく必要があります。

2 司法書士は債務整理全般を扱えるわけではありません

たとえば、京都でマイホームを購入した場合は、司法書士が不動産の名義変更を行うことが多くあります。

司法書士は、こういった登記業務をメインとする資格です。

他方、債務整理については、必ずしも司法書士の本来的業務とは言えません。

実際に、司法書士の資格を持っているだけでは、債権者との交渉などはできないことになっています。

法務大臣から認定を受けた認定司法書士であれば、債権者との交渉などができますが、債務が140万円を超える案件は、認定司法書士であっても扱うことができません。

3 司法書士には、裁判所とのやり取りなどを任せることができません

債務整理の手続きの中には、裁判官との面談が必要なケースがあります。

しかし、司法書士は、裁判所に提出する書類の作成はできても、裁判官との面談に同席するといったことはできません。

つまり、司法書士に債務整理を依頼した場合、債務整理に関する手続き全般を任せることはできません。

4 弁護士であれば、債務整理全般をお任せいただけます

弁護士には、司法書士のような法律上の制限はないため、債務整理全般をお任せいただけます。

一度は司法書士に依頼したものの、司法書士が扱えない案件だった場合、結局弁護士に依頼し直すことになり、余計に費用がかかることもあります。

そのため、債務整理を依頼するのであれば、最初から弁護士に依頼した方がメリットが大きいケースもあります。

弁護士と司法書士のどちらに債務整理を依頼するか迷った場合は、無料相談などを利用して、一度話を聞いてみるのもよいかと思います。

債務整理を相談するタイミング

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年9月9日

1 債務整理の相談はなるべく早く行うことが大切です

インターネットが発達した現代では、ネット検索をするだけで、様々な情報が手に入ります。

債務整理についても同様に、様々な情報がネット上にありますが、その記事の内容が、必ずしも法的に正しいとは限りません。

債務の額や家計の状況、家族構成などによって、債務整理をするべきかどうかや考慮要素、重視するべき項目が変わってきます。

そのため、今の段階で、どのような方法を用いることが適切かは、早いタイミングで弁護士に相談することが大切です。

特に、以下に当てはまる場合は、お早めに弁護士に相談することをおすすめします。

2 利息しか返済ができていない場合

借り入れをすると、多くの場合、利息が発生します。

金融機関は、利息だけ支払っていれば、あまり強く督促をしないかもしれませんが、利息だけ支払っていても、債務は減らすことができません。

仮に、利息が毎年20万円発生している場合、年収が20万円下がるに等しく、生活が苦しい状態が続く可能性があります。

3 債務の返済のために、新たな借り入れをしている

収入が減ったり、病気や冠婚葬祭などで突然の出費があったりした場合、毎月の返済が苦しくなることがあります。

そうなった際、一時的に他の金融業者から借り入れをして、債務の返済を行うケースがあります。

それが1回や2回であれば、問題ないかもしれませんが、何回も続くようであれば、債務の額がどんどん膨れ上がっていき、いずれは返済が不可能になる可能性があります。

4 債務の額が年収の3分の1を超える場合

平成22年に貸金業法が改正され、個人の借り入れ総額は、原則として年収の3分の1までに制限されました。

無制限に借り入れができる状態を放置すると、借金の返済のために借金をしてしまう方が増え、結果として多重債務者が多く発生してしまうため、このような規制が設けられました。

つまり、年収の3分の1以上の借り入れがある状態は、返済が困難になる可能性があるため、規制すべきというのが国の方針です。

そのため、今ある債務の額が、年収の3分の1を超えている場合は、債務整理の相談を考えるべきタイミングと言えます。

弁護士に債務整理を相談する流れ

  • 文責:弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年9月7日

1 弁護士に問い合わせをしましょう

弁護士に債務整理を依頼すれば、原則として借金の督促が止まります。

債権者からの借金の督促は、債務者の方にとって非常にストレスになりますので、債務整理をしたいと思われた場合は、すぐに弁護士に相談しましょう。

2 まずは京都で債務整理に強い弁護士を探す

弁護士は、法律の専門家ではありますが、全てのジャンルに精通しているかというと、必ずしもそうとは限りません。

法律にはたくさんの分野があるため、債務整理以外の分野も扱えば、その分、債務整理の実績を積むことが難しくなる可能性があります。

債務整理は、債務の返済が困難になった方にとって非常に重要な問題ですので、債務整理を集中的に取り扱い、債務整理の実績が豊富な弁護士を探すことが大切です。

また、弁護士が債務整理のご依頼をいただく場合、必ずご依頼者様と面談をしなければならないと決められています。

そのため、京都にお住まいの方であれば、京都の弁護士を探すと面談するのに便利です。

3 電話やメールで問い合わせ

弁護士は、裁判等で事務所を不在にしていることも多いため、予約をせず事務所を訪ねても、弁護士との面談ができないことがあります。

そのため、まずはお電話やメールで、弁護士と相談の予約を取ることをお勧めします。

最初のお問い合わせ段階で、ある程度事情をご説明いただくことがありますので、可能な限り資料をお手元にご用意いただくと、お電話の際に慌てる心配がなくなります。

たとえば、どの金融機関から借り入れをしているのか、現在の借り入れがどれくらいになっているかなどをまとめておくと便利です。

また、借り入れには、住宅ローンや自動車のローン、奨学金なども含まれる点に注意が必要です。

4 相談当日の流れ

弁護士との相談の予約を取った後は、その予約の日に事務所にお越しいただくことになります。

事務所の場所については、ホームページに地図が載っていることが多いため、地図を参照すると便利です。

最初の電話で持ち物の案内をされることもありますので、その際は相談当日にその持ち物をお持ちください。

また、不安な点や聞きたいことがたくさんあると思いますので、相談の際はどんなささいなことでも、弁護士にお尋ねください。

弁護士からは、債務整理の説明や今後の見通し、費用面などについての説明があります。

もし、ご依頼いただくということになれば、弁護士から債権者に通知を送り、今後の連絡は弁護士を通すよう伝えることになります。

債務整理が得意な弁護士とは

  • 文責:弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年9月2日

1 弁護士によって結果に差が出ることも

一言で法律と言っても、様々なジャンルがあります。

複数の分野を広く扱っている弁護士と、債務整理を集中的に取り扱っている弁護士とでは、債務整理の経験や実績に大きな差があるため、最終的な結果に差が出る可能性があります。

たとえば、裁判所に提出する書類の内容や資料が不適切な場合、本来であれば短期間で終わるはずの手続きが長期化し、結果的に費用が数十万円も異なってくることがあります。

そのため、弁護士に債務整理を依頼するのであれば、債務整理が得意な弁護士に依頼することが大切です。

ここでは、債務整理が得意な弁護士の見極め方について、ご説明します。

2 債務整理を集中的に取り扱っているかどうか

先述したとおり、法律には多くの分野があります。

扱う分野が多ければ多いほど、1つの分野に打ち込む時間が少なくなり、債務整理の実績を多く積むことが難しくなります。

他方、債務整理を集中的に取り扱っている弁護士であれば、債務整理の実績を多く積むことができ、債務整理に関する研究に十分な時間を使うことが可能です。

このような、債務整理における実績や研究する時間が、結果の差に結び付くことは少なくありません。

そのため、債務整理を依頼する場合は、債務整理を集中的に取り扱っている弁護士に依頼することをおすすめします。

3 債務整理を集中的に取り扱っている弁護士が、複数在籍しているかどうか

債務整理を集中的に取り扱っている弁護士が複数在籍している法律事務所であれば、膨大なデータが蓄積されています。

たとえば、年間200件、債務整理を扱う弁護士が1人いる事務所と、10人いる事務所では、債務整理に関するデータの蓄積量に10倍の差があります。

データが多ければ多いほど、裁判所での運用の違いを熟知することができたり、難しい案件の解決実績が豊富になったりするなど、結果の差につながる要素が増えていきます。

そのため、債務整理を弁護士に依頼する場合は、その弁護士が所属している事務所に、債務整理を集中的に取り扱っている弁護士が複数いるかどうかも重要なチェックポイントになるかと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ