京都で『自己破産』なら【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士による自己破産@京都</span>

お役立ち情報

自己破産での弁護士費用の支払いについて

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年6月30日

1 自己破産で必要になる費用

自己破産手続きを弁護士に依頼した場合に必要となる費用は主に弁護士報酬、実費、予納金があります。

同時廃止の場合の実費と予納金は、通常は2~3万円程度です。

破産申立人に財産がある場合や、免責不許可事由がある場合、破産管財人に対する予納金が必要になるので、上記より大きい額を支払うことになります。

管財人がつく破産申立てを弁護士に依頼する場合、一般的に、手数料は20~50万円程度となります。

2 弁護士費用の支払方法

自己破産における弁護士費用の支払方法は、一括でご用意いただく方法と、毎月分割で積み立てていただく方法です。

実際には、弁護士の手数料だけでなく、上述の予納金等に充てる金銭も、預り金の形で弁護士に支払うことが多いです。

一括でご用意いただいた方が、すぐに破産申立てに着手することができ、メリットは大きいです。

分割支払いの場合、債権者に受任通知を送付してから破産申立までに時間を要するため、債権者によっては訴訟を提起してくることもあります。

破産希望者の方は、一括で支払うのは難しいことがほとんどです。

そこで毎月の手取り収入の中から、生活に必要な金銭を差し引いて余った部分の中から、一定額を積み立てていただくことがあります。

一括でご用意いただくことに比べると、金銭的なご負担は少ないですが、一般的には数か月程度積立ての期間が必要になります。

その間、債権者からの請求を止めることになりますので、期間が長くなると、先述のとおり債権者が訴訟を提起することもあります。

また、解決までの時間が長いと、破産申立人の方の精神的な負担も大きくなるので、可能であれば一括でご用意いただくか、毎月の積立額を可能な限り高くし、早期申立をすることで手続きがスムーズに進めることが可能になってきます。

3 当法人にご相談ください

破産手続についてお困りのことがあればぜひ弁護士法人心へご相談ください。

経験・知識豊富な弁護士が依頼者に合った解決方法をご提案いたします。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ