京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

契約書作成

大変申し訳ございませんが、担当弁護士の予定が一杯のため、現在、契約書作成についてのご相談はお受けすることができません。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

適切な契約書で契約を交わすために

誤った契約書はトラブルの原因になることも

契約書が重要なものであるということはわかっていても、どうしたら適切な契約書を作ることができるかということについては、案外わかっていないことも多いものです。

契約書を作成する際、ご自身で調べて作成する、あるいはひな型を利用するということもあるかと思いますが、それだけではうまくいかないこともあるかもしれません。

契約の内容というのは様々ですので、必ずしも全ての契約に対応できるとは限らないのです。

間違った契約書は、トラブルが生じた時に役に立たなかったり、それ自体がトラブルの元になってしまったりすることがあります。

特に大きな金額が動くようなものについて適切でない契約書を交わしてしまい、しかもトラブルになってしまったような場合には、会社のこれからにも大きな影響を及ぼすおそれがあります。

不安がある契約書を使用するのではなく、きちんと弁護士に相談したうえで適切な契約書を用意することが大切です。

弁護士へのご相談

そうは言っても、全ての弁護士が契約書作成に対応できるわけではありません。

弁護士が取り扱う分野は様々ですし、企業のご相談をよくお受けしている弁護士もいれば、個人の方からのご相談をよくお受けしている弁護士もいます。

そのため、弁護士に依頼をするときには、その弁護士の得意分野をよく確認して、契約書作成や会社経営に関するお悩みを得意としている弁護士にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ