京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

労働災害(使用者側)

大変申し訳ございませんが、担当弁護士の予定が一杯のため、現在、使用者側の労働災害についてのご相談はお受けすることができません。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

労働災害が起こった場合の対応

迅速かつ適切な対応が必要

ケガや病気等の労働災害が発生した場合には、従業員から労災申請をされたり、場合によっては損害賠償請求をされたりすることがあります。

こうしたことが起こった場合、迅速に適切な対応をとるということが非常に重要です。

対応によっては会社の評判にも影響が出るおそれがありますので、慎重な判断が求められます。

もちろん、中には会社として労災とは言えないと判断される部分もあるかと思いますので、そうしたものについても従業員が納得するようにしっかりと説明を行うことが大切です。

うまく説明ができないと、トラブルが長引いてしまったり、不満として後に残ってしまったりするおそれがあります。

弁護士にご相談ください

労災を認める場合でも、認めない場合でも、適切に対応するには法的な知識や経験が必要です。

適切に対応するためにも、労災案件を得意とする弁護士にご相談ください。

弁護士という法律の専門家が入ることにより、従業員に納得してもらいやすくなるケースもあります。

話がこじれてしまう前に対応するためにも、労災が生じてからできるだけ早いタイミングで弁護士にご相談いただくことをおすすめします。

お問合せ・アクセス・地図へ