京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

障害年金

詳細につきましては、以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

障害年金の申請をする際のポイント

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年7月28日

1 初診日について

障害年金の申請において重要なことのひとつが初診日です。

初診日とは、障害の原因となったケガや病気について初めて医療機関を受診した日のことを言います。

障害年金を受給するためには、障害の状態が基準を満たしているか、保険料の滞納がないかといったことを確認する必要がありますが、これらを判断する際に初診日がいつかということが重要になります。

また、初診日の時点で国民年金と厚生年金のどちらに加入していたかによって、受給できる年金の種類も変わってきます。

障害年金の申請の際は、初診日がいつなのかをしっかり確認することが大切です。

2 申請時の書類が重要です

ご自身の障害の程度が年金の受給要件を満たしているかどうかは、医師に作成してもらう診断書や、障害の状態について説明する病歴・就労状況等申立書等によって判断されます。

診断書等の書類は、障害年金の申請をする際に裁定請求書とともに提出しますので、申請時にご自身の障害について適切に記載された書類を用意する必要があります。

書類の内容が不十分ですと、障害の程度に見合った年金を受給できないおそれがありますので注意が必要です。

3 弁護士法人心にご相談ください

中には、初診日がいつなのか分かりにくかったり、初診日を証明する書類が入手できなかったりするケースもあり、ご自身で必要な書類を用意するのが困難な場合もあります。

また、適切な診断書を作成してもらえるようにきちんと障害の状態を医師に伝えられるかどうか、不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

当法人では、年金の申請をスムーズに行えるよう、障害年金を得意とする弁護士がサポートをさせていただきます。

障害年金でお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

障害年金の相談をお考えの方へ

弁護士法人心にご相談ください

事故や病気によって障害を負ってしまい障害年金を受給したいとお考えの方は、弁護士法人心にご相談ください。

当法人の京都の事務所は、京都駅から徒歩3分という便利な立地にあります。

京都にお住まいの方だけでなく、周辺の県や市にお住まいの方、通勤経路上に京都駅がある方などにもお越しいただきやすいかと思いますので、お気軽にお越しください。

また、京都の事務所には個室の相談室が設けられており、プライバシーに配慮した造りになっております。

周囲を気にせずに弁護士とご相談いただける環境づくりに努めておりますので、安心してご相談いただきやすいかと思われます。

当法人の障害年金サポートについて

当法人では、障害年金の申請手続きを適切かつスピーディーに進められるよう、弁護士が様々な観点からサポート・アドバイスをさせていただきます。

また、障害年金として適切な金額を受給するためには、医師による診断書の内容が重要になります。

弁護士であれば、依頼者の方の代理人として動くことができますので、医師とやり取りすることも可能です。

このように、障害年金の手続きを弁護士にご依頼いただくメリットは少なくないかと思われますので、お困りの方はどうぞ当法人までご相談ください。

当法人であれば、障害年金のご相談を原則として相談料無料で承ることもできます。

まずは一度相談してみたいという方もお気軽にご連絡いただければと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ