京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

相続放棄をお考えの方へ

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年7月15日

1 相続放棄のご相談は弁護士法人心まで

亡くなられた方に借金があった場合、相続放棄を検討される方もいらっしゃるかと思います。

相続放棄を検討中で、弁護士へのご相談をお考えの方は、当法人までご連絡ください。

京都市内やその近隣にお住まいの方は、京都駅近くにある事務所がご利用いただきやすいかと思います。

また、相続放棄についてはお電話でのご相談も承っております。

ご来所相談もしくは電話相談のどちらの場合でも、まずは一度当法人にご連絡ください。

2 相続放棄について

相続放棄をするには、申述書などの必要な書類をそろえて裁判所に申立てを行います。

なお、相続放棄には期限がありますので、迅速に手続きを進めていく必要があります。

相続放棄をすれば、借金などを引き継がなくてよくなるものの、預貯金や不動産などプラスの財産もいっさい受け取ることができなくなりますので、しっかりと財産調査等を行い、本当に相続放棄をすべきか慎重に判断することが重要です。

3 相続放棄を得意とする弁護士が対応

当法人では、相続放棄を得意とする弁護士がお客様からのご相談にのらせていただきます。

相続放棄をする場合の注意点や手続きの流れなど、丁寧にご説明をさせていただきますので、手続きの仕方がよくわからないという方やまだ相続放棄をするか迷っている方でも、お気軽に当法人へご相談いただければと思います。

相続放棄の相談料は、原則無料となっておりますので、まずはお問い合わせください。

詳細につきましては、以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

相続放棄のメリット・デメリット

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年7月29日

1 相続放棄するかどうかはメリットとデメリットを比較して決める

相続放棄は、相続人として持つ権利を法的に放棄することです。

当然ながら、相続放棄をすることによるメリットは多々ありますが、反対にデメリットも存在します。

そこで、あらかじめ相続放棄のメリットとデメリットを把握しておくことが重要です。

2 相続放棄のメリット

⑴ 債務を相続しなくてもよくなる

相続放棄の最大のメリットは、債務を相続しなくてもよくなるという点です。

仮に、亡くなった方に100億円の借金があったとしても、相続放棄してしまえば、100億円の借金を返済する必要がなくなります。

また、亡くなった方が借金をしていなかったとしても、税金や社会保険料を滞納していた場合、これらの支払義務を相続しなくてよくなります。

⑵ 不要な財産を相続しなくてよくなる

たとえば、田舎の田んぼや原野などは、相続しても扱いに困ることが多くあります。

こういった不要な財産を相続したくない場合、相続放棄をするという選択肢があります。

⑶ 相続の揉めごとに関わらなくてよくなる

マイナスの財産がなかったとしても、相続放棄した方がいいケースとして、「遺産の分け方で相続人が揉めることが想定される場合」というものがあります。

あらかじめ相続放棄をして、遺産の権利を放棄しておけば、遺産の分け方の話し合いに参加しなくてよくなります。

3 相続放棄のデメリット

⑴ プラスの財産も相続できなくなる

相続放棄をすれば、プラスの財産の相続権も失います。

たとえば、不動産、預金、株、自動車などの財産について、権利を失ってしまいます。

⑵ 次の順位の相続人とトラブルになることがある

たとえば、Aさんの子が全員相続放棄をすると、次はAさんの両親や祖父母が相続人になります。

Aさんの両親や祖父母がいない場合や、その全員が相続放棄した場合は、Aさんの兄弟姉妹が相続人になります。

新しく相続人になった人は、相続放棄を検討しなければならなくなるため、手間や費用をかけさせてしまうことになり、トラブルになることがあります。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ