京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

障害年金についてどこに相談すればよいですか?

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年3月3日

1 障害年金の相談

障害年金の申請を検討している場合には、どこに相談すればよいのでしょうか。

障害年金は必要書類を揃えれば、ご本人が請求することもできます。

また、委任状があれば、ご家族や知人の方が請求することも可能です。

ただし、障害年金は、請求したからといって、必ずしも受給できるという訳ではありません。

障害年金の受給要件や必要書類は、複雑で、独自で行うと、勘違いしたまま申請を行ってしまい望まない結果になってしまったり、書類の収集に必要以上に時間がかかってしまったりなども考えられます。

そのため、障害年金の申請をお考えの方は、一度、専門家に相談することをお勧めいたします。

2 どこに相談すればよいか

障害年金は、年金事務所でも相談を受け付けていますが、相談した際によく考えずに話した内容が記録、保管されて残ってしまい、後から事実が違ったことが分かっても残っている記録と異なることで障害年金の申請をする際に不利に働くことがあります。

特に、初診日の判断は専門家でも判断に迷うようなことがあるため、安易に初診日を記録されてしまうと、申請の際に難しい対応を迫られることがあります。

そこで、障害年金について相談をするのであれば、まずは必ず自分の味方になって対応を考えてくれる専門家に相談するべきということになります。

障害年金の申請は、認定に係っている年金事務所等ではなく、弁護士や社会保険労務士が代理して申請することができますので、弁護士や社会保険労務士などの専門家に相談すべきです。

3 経験豊富な専門家に相談を

障害年金の申請手続きは、他の年金手続きに比べ複雑で、自分で対応することが難しい場合が多くなります。

また、提出書類やご自身で作成する書類もあり、病気やお怪我で障害のある方にとっては、負担となることも多いです。

障害年金を受給するためには、障害年金の申請に必要となる書類を集め、矛盾がないように申請のための書類を作成する必要があります。

経験豊富な専門家に依頼することで、負担も減り、より納得のいく結果が得られる可能性も高くなります。

障害年金の請求をお考えの方は、ぜひ弁護士法人心にご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ