京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

自己破産で税金は免責されますか?

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年9月9日

1 自己破産による免責

自己破産の手続きを行い、裁判所から免責許可決定を受けると、借金の支払い義務がなくなります。債権者からの請求もなくなり、新たに生活の立て直しを行うことができるようになります。

しかし、自己破産の手続きによっても免責されないものがいくつかあり、それは非免責債権と呼ばれ、注意が必要なものになります。

2 非免責債権とは

自己破産の手続きについて定めた法律である破産法に、非免責債権に関して明確に記載されています。

非免責債権として挙げられる代表的なものとして、税金があります。他には健康保険料や養育費、罰金等があります。

これらは、自己破産の手続きを行い、免責許可を受けたとしても支払い義務が残るものであるため、自己破産手続き後も継続して支払いを続けなければなりません。支払いが滞りすぎると、差し押さえを受ける可能性が出てきます。

3 税金について

税金を滞納してしまっている場合、支払いは免除されませんが、役所の担当者と話し合いをすることによって、分割での支払いが可能になる場合があります。

支払の意思があることや、現在支払いが難しい状況であることを伝え、話し合いをすると、長期間の分割での支払いに応じていただけたりするなど、今後税金を支払っていくうえで、より現在の状況に応じた支払いの方法でお支払をしていくことが可能になる場合がございます。

4 自己破産を検討されている方はご相談ください

以上のように、破産手続きを行っても免責されないものがあります。

免責をされないものは、支払いが滞ったまま放置してしまうと、財産を差し押さえられてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

担当者と話し合いをすることによって、分割払いや猶予を認めてもらえる場合もあるため、早めに支払いの意思があることや現状について説明をしていくことが大切です。

債務整理に関するご相談は原則無料で承っておりますので、自己破産について検討されている場合はお気軽に弁護士へご相談ください。

ご自身の抱えている債務に非免責債権があるか不安な場合はその旨弁護士にご相談ください。

お借入れの状況や、お支払の滞納状況についてお伺いしご説明させていただきます。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ