京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

会社に秘密で任意整理できますか?

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年12月28日

1 任意整理

任意整理では、借金の総支払額や毎月の支払額を減らすことを目的として各金融会社等と個別に任意で話し合い、総支払額、返済額、返済回数等に関して取り決めて和解をします。

金融会社等と個別に和解ができれば、個人再生や自己破産のように裁判所への申立ては必要なく、弁護士が各業者と個別で交渉を行うため、手続に必要な費用や期間、手間等は比較的かからない傾向にあります。

2 任意整理を秘密で行うことができるか

債務整理をご検討されている方の中には、周囲に秘密にして手続を行いたいと考える方も多くいらっしゃいます。

任意整理は、弁護士が各業者と個別で交渉を行う手続きですので、お勤め先等に知られてしまう心配は通常はないと考えられます。

自己破産を行うと官報に掲載されるという話をきいたことがあるかもしれませんが、任意整理の手続きではそのようなことはありません。

また、任意整理をする業者とせずに支払いを続ける業者を自分で決められますので、関係者が保証人となっている業者は任意整理をしない等することで、周囲に知られることや迷惑をかけることを防ぎつつ、債務を軽減することもできます。

3 任意整理と信用情報

また、信用情報に情報が掲載される(いわゆるブラックリストに載ること)で周囲に知られてしまうのではと心配をされる方もいらっしゃいます。

信用情報とは、金融会社や銀行等が、貸し付けの審査を行う際に利用するもので、債務者の支払いの状況等がわかるものです。債務整理を行うとこの信用情報に債務整理を行ったという情報が追加されることがあります。

債務整理を行った情報が記載されると、一定期間クレジットカードを作れない、ローンが組めない等、借り入れがしにくくなります。

しかし、借り入れを行った債務者の情報のみが信用情報に記載されるため、ご家族に直接影響があるものではありません。

また、信用情報は、自分自身で開示を行うか、加盟している金融会社が審査の際に利用する以外で開示されることはありませんし、審査の際も必要な情報のみが開示される仕組みになっています。

そのため、ご自身以外が調べようとしても簡単に調べられるものではありません。

4 会社や周囲に知られない任意整理

このように、任意整理をしたからといって、会社や周囲に方にすぐに知られてしまうことはほぼないと考えられます。

任意整理をお考えの方で、会社や周囲に知られることを心配して弁護士に相談するか悩まれている方は安心してご相談ください。

任意整理を行うことに不安がある場合は、債務整理担当の弁護士からきちんとご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ