京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

契約書をなくしたのですが、任意整理できますか?

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年3月15日

1 任意整理

任意整理は、債務整理の手続きの一つです。

自己破産や個人再生のように裁判所を通して行うのではなく、各金融業者と個別で話し合いをして、毎月の返済金額や支払総額の減少を目指して話し合い、各金融業者と取り決めを行います。

裁判所を通して行う手続きではないため、ご依頼者様が書類を集める手間や解決までにかかるお時間等は比較的少なく済む傾向にあります。

自己破産や個人再生のようにすべての債務に対して行う必要がなく、任意整理をする業者としない業者を自分で選んで行う場合もあります。

2 任意整理の際に必要なもの

では、任意整理を行う際はどういった資料が必要となるのでしょうか。

任意整理は個々の業者との話し合いによって進めるものですので、まずはお客様がどこからお金を借りているかという情報が必要となります。

それをもとに、弁護士が任意整理をする業者に受任をした旨通知をし、交渉をスタートさせます。

そのため、弁護士とのご相談の際に金融業者から届いた請求書等の書類をお持ちいただけますとご相談がスムーズに進みやすくなります。

請求書がなくおおよその金額しか分からない場合でも、任意整理をする際に弁護士が通知を送れば、業者から取引履歴を受け取ることができますので、対象とする業者が分かれば問題ありません。

3 契約書をなくしてしまっている場合

借り入れを行った際に取り交わした契約書があれば、借り入れ先や、金額、時期についてもすぐに判明するため、手続きはスムーズになる場合が多いです。

しかし、たとえ借入先がはっきりしなくても信用情報機関への問い合わせなど、調べる手段はございますので、契約書をなくしたからと言って任意整理のお手続きに影響がでることはほとんどないと考えられます。

契約書があれば、借りた時の金額や金利等の情報が分かりますが、貸金業者には一定期間取引についての情報を保管する義務がありますので、業者から情報を取得することが可能です。

弁護士とのご相談の際にも不安な点をお話いただければ、お答えすることができますので、お困りのことがございましたら、ぜひ弁護士法人心へご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ