京都で法律問題でお悩みの方は【弁護士法人心 京都法律事務所】まで

弁護士法人心 京都法律事務所

おまとめローンを利用するメリットとデメリット

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年11月29日

1 おまとめローンについて

おまとめローンは、金融機関や消費者金融からの複数の債務を1つにまとめるためのローンのことです。

例えば、A社、B社、C社から合計200万円の借金をしており、それぞれに支払いをしている状況を考えてみます。

おまとめローンとはD社から200万円の借金をし、このお金でA社B社C社からの借金を完済して、D社から融資を受けて借金の一本化を行うというものです。

2 おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットとしては3つほど挙げることができます。

⑴ 金利が低くなる可能性がある

1つ目は、複数の会社で借りているよりも、比較的低い金利で借りることができる可能性がある点です。

安い金利のおまとめローンに借り換えたり、高額なリボ払いの手数料を固定金利にしたりすることにより、トータルの支払金額が下がる可能性があります。

⑵ 月々の支払額を減らせる可能性がある

2つ目は、一か月の支払い金額を低めに設定できる可能性がある点です。

金利とともに月々の返済額が下がれば、生活に余裕が生まれることが期待できます。

⑶ 支払い漏れを防ぐことができる

3つ目は、複数あった借入先を一本化することによって、支払い漏れを防ぐことができる点です。

月々の返済金額が低くなり、また、その管理がしやすくなる可能性があることが主なメリットだと考えられます。

上記の例でいえば、D社にまとめることによって、一か月の返済額が以前より低くなり、また、複数あった返済先が1社になることで管理が楽になり、返済に関する負担が減る可能性があるということです。

3 おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリットとして、3つ挙げていきます。

⑴ 金利が高く設定されている場合がある

1つ目は、金利が高く設定されているものがある点です。

おまとめローンだから全て金利が低いというわけではありませんし、金利が0になるわけでもありません。

おまとめローン利用の際は、現在借りているものとの比較が大切です。

⑵ 最終的な支払い額が多くなる可能性がある

2つ目は一か月の返済額を重視するあまり、結果的に利息を多く支払わなければならない可能性がある点です。

一か月の返済金額を低くするために、長期的な返済が必要となるケースが多くあります。

現在借りているものよりも金利が低かったとしても、長期間の返済のために、最終的に支払わなければならない利息が多くなってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

⑶ 返済が困難になることも考える必要がある

3つ目はおまとめローンの返済が難しくなった場合についてです。

おまとめローンの返済は長期にわたりますし、途中で返済が難しくなる可能性も考えられます。

そういった場合は別の会社で借金をして返済するか、弁護士に依頼して債務整理を行うかといった方法をとることになるかと思います。

金融機関や消費者金融によるおまとめローンの商品紹介では、返済が楽になる等、プラスのイメージのものが多くありますが、結局は借金をすることと変わらないという認識が必要だといえます。

4 借金の返済に関するお悩みの解決方法

おまとめローンをご検討されているということは、月々の返済金額を減らせないか、少しでも借金を減らせないかとお悩みになっているのではないかと思います。

借金の返済について苦しくなったと感じた場合には、弁護士に相談をし、債務整理を検討して、根本的な解決を行う方がよい場合もあります。

債務整理には大きく分けて任意整理、自己破産、個人再生の3つの手続きがあります。

それぞれの手続きにもメリットデメリットがありますし、お客様の状況に応じて、適切な手続きを選択する必要があります。

借金の返済でお困りの場合には、一度当法人までご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ